捜索と救助の違い

用語の解説と補足説明

捜索と救助の違い

捜索されたときの費用は

 パーティーもしくは個人が下山予定日を過ぎても帰らず、被保険者のご家族または所属の山岳会が警察へ捜索依頼した場合に捜索が開始されます。その費用はパーティー全員に請求されます。保険ではそのパーティー人数に按分された費用を、保険金額の範囲でその実費をお支払い致します。パーティーで保険未加入者の按分費用は個人負担となり保険の適用はありません。よって当事務所では、同行者全員が山岳保険に加入していることをお勧めします。

救助されたときの費用は

 被保険者がケガや病気を発症し行動不可能であることが明確な場合において、同行者または被保険者が直接・間接的に警察に救助を要請した場合において救助が開始されます。その救助に掛かった費用はケガをした被保険者本人に請求され、保険金額の範囲でその実費をお支払いします。

ご注意点

 このページの内容は当事務所でご契約された場合の一般的な汎用事例に基づいた参考資料であり、個別の保険金支払いを確証したものではありません。実際の保険金のお支払いに関しては、事故やおケガの状況に合わせ保険会社の決定が優先されます。

タイトルとURLをコピーしました