ゲレンデスキースノボ保険、サイドカントリー保険、バックカントリー保険

(傷害総合保険)

  アウトレジャーの保険、スキー・スノボプラン

  アウトレジャーの保険

  山スキー・山スノーボードの保険

  ネットでみんなの傷害保険、スポーツプラン

・遭難やケガを補償する目安を参考にご希望プランをお選び下さい。
日本国内のフィールド バックカントリー サイドカントリー ゲレンデ
スキー・スノボプラン
スポーツプラン
×
補償されません。

救援者費用未付帯

補償されます。
アウトレジャーの保険 ×
補償されません。

補償されます。

補償されます。
山スキー・山スノーボードの保険
補償されます。

補償されます。

補償されます。
  1. サイドカントリーとは、ゲレンデ外を滑走する行為で基本的にハイクアップを伴わないものとします。
  2. バックカントリーは山岳登はんと同等危険度の登山とみなします。
  3. バックカントリーかサイドカントリーかは社会通念上妥当かどうかを保険会社が判断致します。
  4. ゲレンデとは、索道(リフト・ゴンドラ)協会などが施設管理している遊技場をいいます。

・充実の事故対応 24時間365日事故受付フリーダイヤル
富士火災セイフティ24コンタクトセンター
0120−220−557 携帯電話・PHSからもご利用になれます。
遭難、ケガによる入通院、賠償責任、携行品損害など、事故内容・相談受付窓口です。

・満期時年齢79歳までご契約可能です。
当事務所設定プランの場合、1年契約は78歳まで、3年契約は76歳まで、5年契約は74歳までの方がご契約可能です。なお、富士火災直販ネットでみんなの傷害保険は60歳までです。

・インターネットでお申し込みが出来ます。
詳しくは「ご契約の流れ」をご覧下さい。
当事務所では個人情報保護のため、お申し込みフォームに
SSL 暗号化通信システムを導入致しております。

重要】 ご契約者には保険証券を発行します。
年間・長期契約者には加入者カードを送付。お守りと思って携帯下さい。
保険は金融商品です。保険証券の内容が正しく記載されているか、ご確認をお願いいたします。

・保険のご購入は認可商品が安心です。
保険会社は保険業法に基づき、内閣総理大臣の免許を取得して保険業を営みます。当事務所は保険業法第二百七十六条に基づき特定募集人登録・代理店登録番号を受け「法令を順守」しております。損害保険、少額短期保険、共済、無認可保険および会員制団体保険の違いはQ&Aをお読み下さい。


引受保険会社:富士火災海上保険株式会社
関東上信越本部埼玉エリア統括部
埼玉営業一課 Tel : 048-641-4050 Fax : 048-648-1129

販売代理店:木村総合保険事務所有限会社
Copyright(C) Kimura-Sougou-Hoken-Jimusyo Co.,Ltd All rights reserved